KVID6166_exported_43929_1599991687207.jp

のっこしの活動について

​全ての人が山へ行けるように

児童関連施設を中心に山や自然に触れ合う機会の少ない子供たちと可能な限り平等に寄り添う形で登山をし、その中で子供たち一人一人に何か一つでも心に刻む景色や思いを持って育って欲しい。また、現代の社会環境下で心に何かを抱える人達と自然に向き合うことで癒しと気付きそして思いを共有する事で、その先にある困難を乗り越える力を蓄える手伝いができればと我々 のっこし は活動をスタートしました。

のっこしの中心メンバーは、現役の登山ガイドと山岳医により構成されていますが、サポートして頂けるメンバーが足りていません。共に同じ思いを持って活動して頂けるメンバーも随時募集いたします。尚、サポートメンバー登録後に希望者の方は有料(メンバー金額)ではございますが、安全確保のため技術講習や歩行技術講習を受けることができます。ボランティア活動だけではなく、普段の登山でも活用していただける技術です。

尚、のっこしの活動による収益は経費を除き全額のっこし主催のボランティア運営費とさせていただきます。

 
のっこし技術講習会    新型コロナウイルス緊急事態宣言に伴い中止 8/17追記
日時を未定にする
鳥栖市,
日本、〒841-0087 佐賀県鳥栖市河内町貝方 城山
 

​のっこし理念

​1,ボランティアという名目ではあるが、一人の人として・山を愛する人として、またその世界を見てみたいと思う同じ仲間として支え合い「何かをしてあげた」「ボランティア活動」ではなく、同じ仲間・人としてサポートするのが当たり前のことという気持ちで活動する。

2,心身における障がい持つ人であっても、助け合う心があればお互いにサポートすることによって多くの困難に立ち向かい越えていくことができるはずです。実生活に限らず山においてもそれは変わらず、健常者・障がいを持つ人または、心を病んでしまった人が可能な範囲で助け合い声を掛け合えば同じ時間と感動を共有することができると信じて活動する。。

3,何かしらの理由で親元を離れ、施設等で生活を送る子供たち。また、親の都合で自然に触れ合う機会を得られない子供たちが多くいると思われる。そのような子供たちに学校行事以外で自然と触れ合う機会を持ってもらい、皆が可能な限り同等に楽しめる時間を共有して欲しい。小さな体と心に何かを抱える子供も現代では多く、子供が子供らしく居られる場所も時間も減ってきている。我々は、社会のルールではなく山のルールとモラルをを通して気付きや心の豊かさを育てて欲しいと願う。

4,山に登ることにより自然の素晴らしさ・美しさを肌で感じ、自然を守り永続的に後世へ引き継ぐことの大切さを伝えたい。景色や動植物を見てその息遣いや美しさ・可愛さ逞しさを体感し、それを素直に表現できる場所が山にはあるということを知って貰い、その中で人・自分が如何に小さく短い時の中で生かされているかに気づいて欲しい。そのことで自然に対しての敬意を覚え自然を守ることの大切さに気づいて貰えると思う。

​「のっこし」という名前の意義  乗越し=コル・鞍部・峠(登山用語)

稜線上の乗越し。峠としての乗越し。人生に例えてその場所はどこなのか。

​それぞれの答えがこの「のっこし」にかける思いです。

 

​​活動支援のお願い

どんなに小さな支援も助かります

登山に関する物だけではなく、登山後の食事会のための道具(鍋・ガスコンロ・調理器具・バーベキューセットなど)も支援して頂けると助かります。新型コロナウィルスが落ち着くと共に活動の輪と地域を広げていきたいと思いますので、より多くの活動ができるよう皆様の様々な支援を心よりお願い申し上げます。

​送付先 〒838-0137 福岡県小郡市福童1093-5 のっこし 天野健司宛

​登山靴

組織への支援

お子様の履いていた靴でも構いません。

みんなで同じように登山靴を履いて登る為には多くのサイズ、相当数の靴数が必要です。運動靴すら持たない子供達もいます。1足でも多くの支援をお願い致します。

​その他の登山道具

​​組織への支援

子供用・大人用を問わずシェルやザック、ストック等の必須品やサポート用のギア(ロープ・スリング等)も足りません。中核メンバーは、(公)日本山岳ガイド協会認定登山ガイドや山岳医で構成していますが、各個人の装備にも数に限界が有りますので、より安全な登山のためにも皆様のご支援をよろしくお願いいたします。ロープは、最適な長さにカットしますので古くても大丈夫です。

​​サポートメンバー登録

​イベント補助​​

ボランティア登山のサポートメンバーも募集しています。

サポートメンバーとして活動いただける方は、下記の申込みフォームからご参加ください。一人でも多くの方の参加登録をよろしくお願い致します。

尚、この活動はボランティア活動保険の補償範囲内ですので、メンバー登録と共に社会福祉協議会のボランティア活動保険に加入を重ねてお願いいたします。

イベント参加は難しいという方。もちろんグッズ購入だけでも構いません。この活動の主な運営費は、のっこしグッズ販売と寄付金。技術講習会受講料、及び登山後に行う食事会参加費(ボランティアメンバーのみ)で運営しています。皆様の応援よろしくお願い致します。